Library Home

現在位置: ホーム 医分館・部局図書室ニュース 医学部分館ニュース 05/28 〔医学部分館〕 ミニ企画展の案内

05/28 〔医学部分館〕 ミニ企画展の案内

第18回ミニ展示会「医学史に残る大先輩の足跡」 2018年5月23日(水) - 10月31日(水) 会場:名古屋大学附属図書館医学部分館 2階入口ホール

名古屋大学およびその前身校の愛知県立医学専門学校、愛知医科大學、
名古屋大学医学部(前身校含む)には、世界トップレベルの研究を行い、
医学の発展に寄与した多士済々な大先輩がいます。
「医学史に残る大先輩の足跡」は、以下の7名に焦点をあて、
名古屋大学医学部史料室(附属図書館医学部分館4階)に所蔵する史料の中から、
大先輩たちが残した世界的な研究に関連する著書や、写真などを展示公開します。
① 日本の神経学の祖・川原汎
② ツツガムシ病の第一人者・林直助
③ 世界で初めて睡眠物質の存在を報告した石森國臣
④ 日本神経学の開拓者・勝沼精蔵
⑤ 汗の博士・久野寧
⑥ 脳血管撮影法の確立などを行った齋藤眞
⑦ 杉田クリップ開発者・杉田虔一郎

医学部史料室は、医学部図書館の4階にあります。

所蔵史料の一部をデジタル化し、「近代医学の黎明デジタルアーカイブ」としてインターネットにより公開しています。

「近代医学の黎明デジタルアーカイブ」のホームページは、

https://www.med.nagoya-u.ac.jp/medlib/history/index.html です。

ポスターはこちら(PDFファイル)

ドキュメントアクション

 Library Home